TOP > 取扱商品 > 吊り治具関連:ジャパンクランプDHK-DS

ジャパンクランプDHK-DS

ジャパンクランプDHK-DS

【用 途】 PC柱や鉄筋壁など構造物の吊り上げ鉄筋や丸棒の縦吊り・鉄筋の連吊り
■ジャパンクランプDHK-DS
異形棒鋼・丸棒吊り専用クランプ

吊りピースに使うシャックルはSCシャックル・SBシャックル16mmをご使用下さい。

角天秤との併用をお勧め致します。

寸法図

基本使用荷重
(t)
使用有効寸法 A
主寸法(mm)
自重
(kg)
鉄筋呼び径
丸棒直径(mm)
B
C
D
E
1
アジャスター付
D19〜D32
18〜36
37
84
68
150
9.4
アジャスター無
D35〜D41
30〜48
50
2
アジャスター付
D19〜D32
18〜36
37
99
83
172
11.4
アジャスター無
D35〜D41
30〜48
50
※引き寄せロープの長さは通常3mです。但し、3m以外の長さでも承ります。

■ロック及び解除方法と使用上の注意

■ロック及び解除方法

■使用上の注意
・DHK-DSはアジャスターの脱着によって広範囲な鉄筋に対応できますので必ず適正な状態で使用して下さい。(図-1)
@D19〜D25、及びD29〜D32はアジャスター上面の刻印を吊り荷サイズにしてアジャスターを取り付けて使用して下さい。
AD35〜D41はアジャスターを外して使用して下さい。
・急激に鉄筋を着地させるとクランプが自重によって下方向へずれて、荷重がかかった状態になり、ロックを解除出来ない場合があります。その際は再度スリングを緩めて無負荷の状態にしてロックを解除して下さい。
・鉄筋カゴなどの構造物の立て起こしは、すべてのクランプの取り付けを荷重のかかる方向と同一方向に行なって下さい。(図-2)
・吊り角度は(α)、及びかけ幅角度(β)は下図(図-3)の範囲内で取り付けて下さい。

使用例はこちら