TOP > 取扱商品 > 玉掛関連:3Kロック

3Kロックアルミクランプ管 圧縮加工(ロック加工)玉掛索

販売

安全の為に

 
■ワイヤロープの点検と廃棄基準(日本鋼索工業会監修「玉掛索の正しい取扱い方」より)
ワイヤを使用する時は点検を確実に行い、次の劣化が一つでも発見されれば廃棄処分してください。使用されますと吊り荷の落下事故等の危険があります。(労働安全衛生法 クレーン等安全規則による)

■点検項目
点検は、ロープの劣化を早期に発見して、事故を防止するための重要な作業です。
ロープごとの劣化状態を正確に把握するために、日常点検や定期点検の記録をとることが大切です。
正しいワイヤロープの点検方法と廃棄基準は次頁の表をご確認下さい。

■点検項目と予防策

■点検
・時期:日常点検(作業前)、定期点検(月次点検)および必要時
・内容:断線、摩耗、腐食、形崩れ、端末金具および取り付け部


全体
点検項目

点検方法

廃棄基準
廃棄の実例
キンク
プラスキンク(よりの締まる方向のキンク)やマイナスキンク(よりの戻る方向のキンク)の有無を点検する。
局部的によりが詰まったり、戻ったりして、キンクを発生したもの。
《参考》キンクによる強度低下率
ロープの状態 強度低下率
プラスキンク 20〜40%
マイナスキンク 35〜60%
キンクを
直したもの
約20%
構成 6×Fi(29) O/O 20mm
実測径 20.5mm 破断荷重 125kN
残存強度率 52.7%
構成 6×Fi(29) O/O 20mm
実測径 20.45mm 破断荷重 145kN
残存強度率 61.2%
つぶれ
(偏平)
局部的に押しつぶされた部分がないか点検する。
局部的な押しつぶしによる偏平があるもの。ノギスで短径dminおよび長径dmaxを測定したとき、dmax/dmin ≧1.5となったもの。

《参考》
つぶれによる強度低下率
1.程度が軽い場合は、殆ど無い
2.上記廃棄基準に達した場合は、20〜40%
構成 6×24 O/O 12mm
短径・長径 9.9×
14.9
破断荷重 62.3kN
残存強度率 87.7%
構成 6×24 G/O 12mm
短径・長径 8.0×
15.2
破断荷重 52.7kN
残存強度率 80.0%
腐食
(錆)
表面の腐食の有無を点検する。有れば布地で拭いて取れる薄い錆か、表面に凹凸が生じているかを調査する。内部はスパイキ等でストランドを持ち上げて調査する。
素線表面にピッティングが発生して、あばた状になったもの。内部腐食によって素線が緩んだもの。


《参考》
腐食(赤錆)による強度低下率
1.程度が軽い場合は、10〜20%
2.著しい場合は、40%以上

構成 6×24 O/O 14mm
実測径 14.25mm 破断荷重 73.8kN
残存強度率 76.4%
構成 IWRC 6×Fi(29) O/O 28mm
実測径 28.2mm 破断荷重 183kN
残存強度率 34.5%
摩耗
全長、全周にわたり摩耗の状況を点検する。

"素線と素線の隙間がなくなったもの。(右表の減少率は、公称径に対する値)

構成 IWRC 6×Fi(29) O/O 30mm
実測径 29.75mm 破断荷重 458kN
減少率 -0.83% 残存強度率 75.3%
構成 IWRC 6×Fi(29) O/O 30mm
実測径 29.53mm 破断荷重 369kN
減少率 -1.6% 残存強度率 60.8%
うねり
うねりの有無を調査する。
著しくうねっているもの。
または局部的なうねりの幅(d1)がロープ径(d)の4/3以上になったもの。

全体
点検項目

点検方法

廃棄基準
廃棄の実例
ストランドの落込み、浮き ストランドの落込みや浮きがないか点検する。 ストランドの落込み、飛び出し、かご状のものがあるもの。
きず 全長、全周にわたりきずの有無を点検する。 有害な欠陥が認められるもの。
その他 心網のはみ出し、曲がり、素線の飛び出し、テンパーカラー等の有無を点検する。 心綱のはみ出し、曲がり、テンパーカラーのあるもの。
断線 全長、全周にわたり断線の有無を点検する。ある場合は、山切れ谷切れの状況を入念に調査し、断線本数を数える。

C:クラウン断線(ロープ外接円と接する部分[山断線]の断線)
N:ニップ断線(ストランド相互が接する 部分[谷断線]の断線)
[クラウン断線(山切れ)の場合]ロープ径(d)の6倍(約1ピッチ)の範囲内の 断線を数え、使用されているワイヤロープの構成を確認して、下表の断線数以上あるもの。
ワイヤロープの
構成
可視断線数
点検範囲
(6d)
6×24
6×37
9
10
IWRC6×Fi(25)
IWRC6×Fi(29)
5
6
IWRC6×{IWRC6×S(19)}
7×{IWRC6×WS(36)}
8
12

[ニップ断線(谷切れ)の場合]
1本でもあるもの。
構成 6×37 O/O 24mm
実測径 24.0mm 破断荷重 260kN
断線数 15/1ピッチ 残存強度率 85.1%
構成 6×37 O/O 28mm
実測径 28.4mm 破断荷重 356kN
断線数 ニップ断線 残存強度率 85.6%

(日本鋼索工業会監修「玉掛索の正しい取扱い方」より)
 
点検項目

点検方法

廃棄基準
廃棄の実例
  形くずれ アイ部分にストランドの緩み等の形くずれや偏平、ロープのずれ等がないかを点検する。 ・アイ頂点部で、著しく心綱の飛出したもの
・アイ頂点部で、著しくつぶれを生じたもの
・アイ部分で、ストランドの緩みがあるもの
構成 6×24 O/O 14mm
短径 長径 10.5×21.9 破断荷重 84kN
残存強率 86.9%
  断線 ロープを曲げたりしてアイ部分やスリーブ付根部分の断線の有無を点検する。 加工していない部分の可視断線数に準じる。
構成 6×37 O/O 22mm
短径  長径 13.2×32.3 破断荷重 198kN
残存強度率 77.2%
  抜け出し アイスプライス:ストランドの抜け出しの兆候がないか点検する。
アイ圧縮止め:片端に凹みが生じたり、抜け出しの有無を点検する。抜け出しの点検は目視、マーキング等による。
・差し終り部でストランドの抜け出しがあるもの。
・片端に凹み、抜け出しのあるもの。
  スリーブの変形 スリーブに変形、つぶれ、き裂および割れ等が発生していないか点検する。 スリーブの変形、つぶれ、き裂、割れ等があるもの。

  スリーブの摩耗 スリーブの摩耗状況を調査する。 スリーブが摩耗して、元の径の95%以下になったもの。
  その他 腐食、きず等がないか点検する。 著しい腐食、きずが認められるもの。
    変形、きず、き裂、摩耗および腐食等がないか、あればその程度を点検する。 ・曲がり、ねじれ、ゆがみ、当たりきず、切り欠ききず、き裂が認められるもの。
・摩耗量が元の寸法の10%を超えるもの。
・全体に腐食、または局部的に著しい腐食があるもの。
 

安全のために
ロープスリングの使用基準 (JIS B 8817参考)

※本体及び付属書の規定に関連する事柄を補足するもので、規定の一部ではない。
ロープスリングの使用に関しては、次の事項に注意しなければならない。

@荷に適したロープスリングを選んで使用すること。
A使用荷重を超えて使用してはならない。
Bつり角度が正確に測定できる場合は、つり角度による荷重の変化を考慮した使用荷重内で使用してもよい。なお、つり角度は60゜以内が望ましい。
Cロープ、アイ部の開き角度は、60゜以内とする。
D使用前に点検し、ロープ及び付属金具が廃棄基準を超えて損傷したものは使用してはならない。
Eすべてのロープの張力が均一になるようにする。
F衝撃荷重が作用しないようにする。
G鋭い角で曲げないようにし、必要な場合は当て物をすること。
Hスリーブが荷に当らないようにすること。
I1本つりでの使用はできるだけ避けること。やむを得ず1本つりをする場合は荷の回転を防ぐ措置をとること。
J 目通しつり(チョークつり)をする場合は深絞りをしないこと。
K 引きずったり、落下させたりしてはならない。
Lロープのねじれ、曲がりは直ちに修正してキンクしないようにすること。
M 100℃を超える温度では使用してはならない。
N 腐食性の液や蒸気にさらしてはならない。
O使用後は清浄し、必要に応じて塗油して乾燥した屋内で保管すること。


証明書一覧
ワイヤロープ、アルミクランプ管、及び3Kロックの品質を証明いたします。
※各サイズ取り揃えております。

【葛ヲ和ロープ・3Kロック12mm】

【テザック・6×24O/OA種12mm】

【赤穂ロープ・6×24O/OA種12mm】

【昭和電工・アルミクランプ管12mm】

■納品
納品の際には【日本ワイヤロープロック加工協同組合から発行されているラベルをアイ部に貼り付け、納品しております。ラベルにはロープ構成・ロープ径・ロープ長さが明記されている他、取扱い上の注意事項、安全荷重表も添付されています。※ラベルの裏面はシール状になっております。



■ワイヤ点検講習

安全週間や朝礼後の僅かな時間を利用してワイヤロープの点検方法、使用基準、廃棄基準等を当社所属のワイヤロープ加工技能士によりワイヤ講習を実施致します。※お客様の災害ゼロ運動に是非、ご利用下さい。



■保険
万が一、3Kロックが起因して災害事故が発生した場合には、当社が加入する保険会社により保険金が支払われます。※日本ワイヤロープロック加工協同組合・仕入先各社も保険に加入しております。
証券番号 5300173371
保険種目 賠償責任保険…製造物責任(PL)法対応特約