TOP > 関連資料:安全荷重表

安全荷重表

安全荷重表

ロープ径
(mm)
6×24 0/0 A種 安全荷重表 (安全係数:6)
垂直づり
つり角
α≦30°
つり角
α≦60°
つり角
α≦30°
つり角
α≦60°
つり角
α≦30°
つり角α≦60°
kN
tf
kN
tf
kN
tf
kN
tf
kN
tf
kN
tf
kN
tf
6
5.90
0.60
5.60
0.57
5.01
0.51
8.26
0.84
7.37
0.75
11.2
1.14
10.0
1.02
8
10.5
1.07
9.99
1.02
8.94
0.912
14.7
1.50
13.1
1.34
19.9
2.04
17.8
1.82
9
13.3
1.35
12.6
1.28
11.3
1.15
18.6
1.89
16.6
1.69
25.2
2.57
22.6
2.30
10
16.4
1.67
15.5
1.59
13.9
1.42
22.9
2.34
20.5
2.09
31.1
3.18
27.9
2.84
12
23.6
2.40
22.4
2.28
20.0
2.04
33.0
3.36
29.5
3.00
44.8
4.56
40.1
4.08
14
32.2
3.28
30.5
3.11
27.3
2.78
45.0
4.59
40.2
4.10
61.1
6.23
54.7
5.57
16
42.0
4.28
39.9
4.06
35.7
3.63
58.8
5.99
52.5
5.35
79.8
8.13
71.4
7.27
18
53.2
5.42
50.5
5.14
45.2
4.60
74.4
7.58
66.5
6.77
101
10.2
90.4
9.21
20
65.6
6.68
62.3
6.34
55.7
5.67
91.8
9.35
82.0
8.35
124
12.6
111
11.3
22
79.6
8.12
75.6
7.71
67.6
6.90
111
11.3
99.5
10.1
151
15.4
135
13.8
24
94.6
9.64
89.8
9.15
80.4
8.19
132
13.4
118
12.0
179
18.3
160
16.3
26
111
11.3
105
10.7
94.3
9.60
155
15.8
138
14.1
210
21.4
188
19.2
28
129
13.1
122
12.4
109
11.1
180
18.3
161
16.4
245
24.9
219
22.3
30
148
15.0
140
14.3
125
12.8
207
21.1
185
18.8
281
28.6
251
25.6
32
168
17.1
159
16.3
142
14.5
235
24.0
210
21.4
319
32.6
285
29.1
36
212
21.6
201
20.5
180
18.3
296
30.2
265
27.0
402
41.0
360
36.7
40
262
26.8
248
25.4
222
22.7
366
37.5
327
33.5
497
50.9
445
45.5
42.5
296
30.2
281
28.6
251
25.6
414
42.2
370
37.7
562
57.3
503
51.3
45
332
34.0
315
32.3
282
28.9
464
47.6
415
42.5
630
64.6
564
57.8
47.5
370
37.6
351
35.7
314
31.9
518
52.6
462
47.0
703
71.4
629
63.9
50
410
42.0
389
39.9
348
35.7
574
58.8
512
52.5
779
79.8
697
71.4
※4本4点吊り及び2本4点あだ巻き吊りは、荷重の均等がし難いため、3本吊りとして制限使用荷重を算出する。
※42.5o〜50oは、テザック社製のワイヤロープの安全荷重です。        [全日本ロープ加工組合連合会より]
 


(単位:t)
ロープ径
(mm)
6×37 0/0 A種 安全荷重表(安全係数:6)
垂直吊り
吊り角
α≦30°
吊り角
α≦60°
吊り角
α≦90°
吊り角
α≦30°
吊り角
α≦60°
吊り角
α≦90°
6
0.648
0.615
0.550
0.453
0.907
0.810
0.680
8
1.15
1.09
0.980
0.807
1.61
1.44
1.21
9
1.46
1.38
1.24
1.02
2.04
1.82
1.53
10
1.80
1.71
1.53
1.26
2.52
2.25
1.89
12
2.60
2.47
2.21
1.82
3.64
3.25
2.73
14
3.52
3.34
2.99
2.46
4.92
4.40
3.69
16
4.62
4.38
3.92
3.23
6.46
5.77
4.85
18
5.84
5.54
4.96
4.08
8.17
7.30
6.13
20
7.20
6.84
6.12
5.04
10.0
9.00
7.56
22
8.72
8.28
7.41
6.10
12.2
10.9
9.15
24
10.4
9.88
8.84
7.28
14.5
13.0
10.9
26
12.2
11.5
10.3
8.54
17.0
15.2
12.8
28
14.1
13.4
12.0
9.89
19.7
17.6
14.8
30
16.2
15.4
13.8
11.3
22.7
20.3
17.0
32
18.4
17.5
15.7
12.9
25.8
23.1
19.4
36
23.2
22.0
19.7
16.2
32.4
29.0
24.3
40
28.8
27.3
24.4
20.1
40.3
36.0
30.2
44
35.0
33.2
29.7
24.5
49.0
43.7
36.7
48
41.4
39.3
35.1
28.9
57.9
51.7
43.4
52
48.8
46.3
41.4
34.1
68.3
61.0
51.2
56
56.6
53.7
48.1
39.6
79.2
70.7
59.4
60
64.8
61.5
55.0
45.3
90.7
81.0
68.0
※2本4点半掛け吊りの場合の安全荷重:(2本2点吊りの場合の安全荷重)×2

(単位:t)
ロープ径
(mm)
IWRC6×Fi(29) 0/0 B種 安全荷重表(安全係数:6)
垂直吊り
吊り角
α≦30°
吊り角
α≦60°
吊り角
α≦90°
吊り角
α≦30°
吊り角
α≦60°
吊り角
α≦90°
10
2.30
2.18
1.95
1.61
3.22
2.87
2.41
11.2
2.88
2.73
2.44
2.01
4.03
3.60
3.02
12.5
3.60
3.42
3.06
2.52
5.04
4.50
3.78
14
4.52
4.29
3.84
3.16
6.32
5.65
4.74
16
5.88
5.58
4.99
4.11
8.23
7.35
6.17
18
7.44
7.06
6.32
5.20
10.4
9.30
7.81
20
9.20
8.74
7.82
6.44
12.8
11.5
9.66
22.4
11.5
10.9
9.80
8.07
16.1
14.4
12.1
25
14.3
13.6
12.2
10.0
20.1
17.9
15.0
28
18.0
17.1
15.3
12.6
25.2
22.5
18.9
30
20.6
19.5
17.5
14.4
28.8
25.7
21.6
31.5
22.8
21.6
19.3
15.9
31.9
28.5
23.9
33.5
25.8
24.5
21.9
18.0
36.1
32.2
27.0
35.5
28.8
27.3
24.4
20.1
40.3
36.0
30.2
37.5
32.2
30.5
27.3
22.5
45.0
40.2
33.8
40
36.6
34.7
31.1
25.6
51.2
45.7
38.4
42.5
41.4
39.3
35.1
28.9
57.9
51.7
43.4
45
46.4
44.0
39.4
32.4
64.9
58.0
48.7
47.5
52.0
49.4
44.2
36.4
72.8
65.0
54.6
50
57.4
54.5
48.7
40.1
80.3
71.7
60.2
53
64.4
61.1
54.7
45.0
90.1
80.5
67.6
56
72.0
68.4
61.2
50.4
100
90.0
75.6
60
82.8
78.6
70.3
57.9
115
103
86.9
※2本4点半掛け吊りの場合の安全荷重:(2本2点吊りの場合の安全荷重)×2

(1)安全係数は6以上とすること。


(2)次の何れかに該当するワイヤロープを玉掛用具として使用しないこと。

(A)1よりの間において、素線(フィラ線を除く)の数の10%以上の素線が破断しているもの。
ワイヤロープ
断線数
 
ワイヤロープ
断線数
6×19
12
6×Fi (25)
12
6×24
15
6×Fi (29)
14
6×37
23
6×WS(31)
19

(B)直径の減少が公称径の7%を超えるもの。
公称径
(mm)
廃棄径
(mm)
 
公称径
(mm)
廃棄径
(mm)
 
公称径
(mm)
廃棄径
(mm)
6
5.5
20
18.6
36
33.4
8
7.4
22
20.4
38
35.3
9
8.3
24
22.3
40
37.2
10
9.3
 
26
24.1
 
42
39.0
12
11.1
28
26.0
44
40.9
14
13.0
30
27.9
46
42.7
16
14.8
32
29.7
48
44.6
18
16.7
34
31.6
50
46.5
(C)キンクしたもの。
(D)著しい形崩れ(つぶれ、浮きなど)のあるもの。
(E)著しい腐食(赤さび、内部腐食、虫喰いなど)のあるもの。

(1)折り曲げによる強度低下
ロープをフック等の円筒形の物に巻き付けると、折り曲げられた部分の強度は、曲げられないまっすぐな部分の強度より低下する。この低下する割合は、折り曲げ部の径とロープの構成により異なる。
その代表的なものの実験値を表-1に示す。
従って、図-1のようなくくりつりとかご手つりの場合は、 の部分の強度低下を考慮しなければならない。
[表-1]折り曲げによる強度低下率
        D/d
ロープの構成
1
5
10
20
6×24
50
30
25
10
6×37
45
22
10
5
6×Fi(25)Fi(29)
45
25
15
4

 
図-1 くくりつりとかご手つりの例

(2)鋭利な角で曲げられた場合の強度低下
図-2のようにロープを鋭利な角に当てると、折り曲げられた部分の強度は、曲げられないまっすぐな部分の強度より低下する。その強度低下率(実験値)を、表-2に示す。 また、90°の鋭利な角に当て規格破断荷重の1/6で引張ったロープは、角の部分で損傷している。そのため、元に戻して引張試験を行うと破断荷重が約20%低下する。

[表-2] 鋭利な角による強度低下率
角度 α(°)
120
90
60
45
強度低下率(%)
30
35
40
47